HOME>サポーター募集

サポーター募集

在住外国人の6割は永住または定住の資格を持っている人たちです。
これからもずっと日本で暮らす人たちが、社会人として自立した生活が営めるように、
ふじみの国際交流センター(FICEC)は毎日活動しています。
犯罪のない安全な地域を作るためには、外国人も日本人も自由に集い、学びあえる拠点が必要です。
FICECの活動を維持するために、寄付という形で応援してください。


●認定・指定NPO法人制度について→  ●寄付者一覧(平成26年4月1日~平成27年9月25日現在)→

国際子どもクラブ

外国ルーツの子どもたちが学校の授業に参加し、健全な生活を送り、日本で就職できる大人になれるように。

国際子どもクラブ写真

親の都合で来日し、日本語ができないまま学校に入ることになった外国ルーツの子どもたちへ、毎週土曜日(長期休暇中は平日1,2回と土曜日)に学習支援を行っています。学習者は年間のべ1200人になります。

年間必要額 270,000円
教材・書籍代・小中学校の教科書代・職場見学費用など

インフォメーションふじみの

外国人トラブルが起きないように。
日本の習慣やきまりを知ってもらうために。

インフォメーションふじみの写真

日本語がわからない外国人のために、生活に必要な情報「ゴミの出し方」や「公的手続き」などを7カ国語で隔月発行しています。無料で見られるよう近隣の公共施設に配布したり、ホームページに掲載したりしています。

年間必要額 500,000円 翻訳代、印刷費、送料など

FICEC運営費

外国人が集える場所、外国人と顔の見える関係になれるように。

FICEC運営費写真

東上線上福岡駅から5分のところに借りている事務所には年間3400人の来訪者があり、延べ1900人のスタッフが活動しています。集える場所があってこそ継続できる活動だと思っています。

年間必要額 7,200,000円 家賃、設備費など維持管理

日本語教室

日本語を覚え、仕事を見つけて働けるように。
学校や市役所からの通知を読むことができるように。

日本語教室教室

毎週木曜日、日本で暮らす外国人が一日も早く日本語を修得し、日本に馴染み、よりよい生活が送れるよう、無料で日本語教室を開催しています。年間約300人の外国人が一生懸命勉強をしています。

年間必要額 200,000円
書籍代、コピー代、ボランティア研修費など

生活相談

表面的には見えにくいトラブルを事前に防ぐために。

生活相談

同行支援を含め、外国人のための生活相談を受けています。相談件数は年間約600件、相談者の国籍は19カ国に及びます。 新しく正しい情報を伝え、外国人スタッフと共に行政と協働しながら実施しています。

年間必要額 1,300,000円
書類作成費、電話代、同行費、研修費など

 ●郵便局の振込用紙に下記をご記入ください。
  ・サポートしたい活動の番号
  ・住所・氏名・電話番号
  ・寄附金控除指定領収書の有無
 ●振込先 郵便振替
  口座番号 00110-0-369511
  加入者名 (特活)ふじみの国際交流センター

  振込の他、FICEC事務所でも受け付けております。

トップへ